足助の町並み(重伝建の町並み) | 対象スポット一覧|ツーリズムとよた スタンプラリー&クーポン 2019.11.27~2020.2.29

足助の町並み(重伝建の町並み)

足助

あすけのまちなみ(じゅうでんけんのまちなみ)

  • 足助の町並み(重伝建の町並み)
  • 足助の町並み(重伝建の町並み)
  • 足助の町並み(重伝建の町並み)
  • 足助の町並み(重伝建の町並み)
  • 足助の町並み(重伝建の町並み)

愛知県で初めての国の重要伝統的建造物群保存地区(通称:重伝建)に選定された「足助の町並み」。尾張・三河から信州を結ぶ伊那街道(中馬街道)の重要な中継地にあたり、物資運搬や庶民通行の要所として栄えた商家町です。重要な交易物であった塩はここで詰め替えられ、「足助塩」「足助直し」と呼ばれました。安永4年(1775)の大火で町並みの大部分は焼失。今に残るのは、防火のために漆喰で軒先まで塗り固めた塗籠造りの町家です。江戸時代後期から明治末までの面影を今に伝えています。

基本情報

  • 駐車場
  • トイレ
所在地
〒444-2424  豊田市足助町西町・新町・本町・田町
料金
見学無料
※ 料金は変更になる可能性がございますので公式サイト等でご確認ください
営業日・時間
見学終日
電話番号
0565-62-1272(豊田市足助観光協会)
駐車場
有料・香嵐渓駐車場(約670台)1台500円(11月は1台1000円)
トイレ
定休日
なし
公共交通機関でのアクセス方法
【名古屋方面から】
・地下鉄東山線「名古屋」駅から「伏見」駅で地下鉄鶴舞線へ乗換え「赤池」駅で名鉄豊田線へ相互乗り入れで名鉄「豊田市」駅下車。
・名鉄「名古屋」駅から名鉄名古屋本線「知立」駅で乗換え、名鉄「豊田市」駅下車。
・JR「名古屋」駅からJR中央本線「高蔵寺」駅で乗換え、愛知環状鉄道「新豊田」駅下車。

※「豊田市」駅、「新豊田」駅からのアクセスは「のりかえ&運賃検索」をご利用ください。
※豊田市内の公共交通機関「のりかえ&運賃検索」はこちら(外部リンク)>>からご覧ください。
車でのアクセス方法
猿投グリーンロード「力石IC」から約15分
東海環状自動車道「豊田勘八IC」から約20分
関連サイト
豊田市足助観光協会 公式サイト「重伝建」詳細ページ
豊田市足助観光協会 公式サイト「足助の町並み フォトギャラリー」

マップ・周辺情報

GoogleMapでここへ行く

周辺情報 一緒に廻れるオススメスポット

こんなスポットもおすすめですRECOMMEND