松平東照宮 | 対象スポット一覧|ツーリズムとよた スタンプラリー&クーポン 2019.11.27~2020.2.29

松平東照宮

松平

まつだいらとうしょうぐう

  • 松平東照宮
  • 松平東照宮
  • 松平東照宮
  • 松平東照宮
  • 松平東照宮
  • 松平東照宮

松平郷にある松平東照宮は、徳川家康と、松平氏の始祖・松平親氏を祀る神社。2015年に徳川家康公400年祭メモリアル事業として、安藤則義氏が2年の月日をかけ、漆絵の天井画を施しました。108枚の漆絵は松平で見られる季節の草花が描かれ、観る者を魅了する壮麗さです。また、境内には家康公も産湯として用いたと言われる「産湯の井戸」があり、不老長寿や安産の御利益があるとされています。また、拝殿そばの「松平郷館」では、具足や軍配、軍扇、鞍や火縄銃、家康像など、松平家・徳川家ゆかりの品が収められています。

  • 松平東照宮 天井画
  • 松平東照宮 天井画
  • 松平東照宮 天井画

年間行事

◆天下祭【開催日】2月第2日曜日

江戸時代から続いた由緒ある祭りを再現しようと、1988年に復活させたお祭りです。天下泰平を祈願した松平親氏の偉業をたたえる祭りで、裸の厄男たちの「練り込み」と「玉競り」が見もの。木製の玉を求めて激しく競い合い、熱気にあふれます。

  • 天下祭
  • 天下祭
  • 天下祭
  • 天下祭

◆松平郷権現祭(春まつり)【開催日】4月17日の直前の土日

試楽祭と本楽祭が行われます。試楽祭では、「産湯の井戸」で御水とりの儀式が行われ、手筒花火を奉納。
本楽祭では、松平東照宮から高月院まで、古式ゆかしい行列「神輿渡御」が行われます。

  • 松平春まつり
  • 松平春まつり
  • 松平春まつり
  • 松平春まつり

  • 松平の里観光マップ
  • 松平の里観光マップ

★松平のオススメモデルコースもチェック★
歴史ロマンにふれる旅
松平郷で徳川家康ゆかりの地を巡るプラン

基本情報

  • 駐車場
  • トイレ
所在地
〒444-2202  豊田市松平町赤原13
料金
拝観無料、天井画の観覧は200円
※ 料金は変更になる可能性がございますので公式サイト等でご確認ください
営業日・時間
拝観終日
10:00~15:00(松平郷館)
電話番号
0565-77-8089(松平観光協会)
駐車場
無料・一般車(70台) 観光バス(5台)
トイレ
公共交通機関でのアクセス方法
【名古屋方面から】
・地下鉄東山線「名古屋」駅から「伏見」駅で地下鉄鶴舞線へ乗換え「赤池」駅で名鉄豊田線へ相互乗り入れで名鉄「豊田市」駅下車。
・名鉄「名古屋」駅から名鉄名古屋本線「知立」駅で乗換え、名鉄「豊田市」駅下車。
・JR「名古屋」駅からJR中央本線「高蔵寺」駅で乗換え、愛知環状鉄道「新豊田」駅下車。

※「豊田市」駅、「新豊田」駅からのアクセスは「のりかえ&運賃検索」をご利用ください。
※豊田市内の公共交通機関「のりかえ&運賃検索」はこちら(外部リンク)>>からご覧ください。
車でのアクセス方法
東海環状自動車道「豊田松平IC」より約15分
関連サイト
松平郷 公式サイト「松平東照宮」詳細ページ

マップ・周辺情報

GoogleMapでここへ行く

周辺情報 一緒に廻れるオススメスポット

こんなスポットもおすすめですRECOMMEND