道の駅どんぐりの里いなぶ | 対象スポット一覧|ツーリズムとよた スタンプラリー&クーポン 2019.11.27~2020.2.29

道の駅「どんぐりの里いなぶ」

稲武

みちのえき「どんぐりのさといなぶ」

  • どんぐりの里いなぶ
  • 道の駅どんぐりの里いなぶ 大判焼き
  • 道の駅どんぐりの里いなぶ 水車
  • 道の駅どんぐりの里いなぶ どんぐりの湯
  • どんぐりの里いなぶ どんぐりの湯

「どんぐりの里 いなぶ」は愛知県豊田市稲武地区に位置しています。天然温泉「どんぐりの湯」、新鮮野菜や焼きたてパン、豊富な山の恵みをいただける「どんぐり横丁」 でみなさんのお越しをお待ちしております。
どのシーズンも美しい、稲武の山里にぜひお越しください。

稲武温泉 どんぐりの湯

>『稲武温泉 どんぐりの湯』

季節の花を植栽した露天風呂やメディカルハーブの岩盤スチームサウナのある1F「花の温泉」、木のベンチやオブジェが置かれ木のぬくもりを感じられる2F「森の温泉」が楽しめます。テーマにちなんだ露天風呂が人気で、薬湯、桧風呂、ジャグジーなど充実したお風呂が整っています。
◆スポット詳細は、コチラからご確認ください。

どんぐり横丁

>『どんぐり横丁』

農産物を使ったオリジナル商品が豊富に揃っていて、街道沿いの市町村の特産品(岡崎の八丁味噌、山岡の寒天、新城のお茶など)を販売。
中でも“お米のふるさと稲武”の米粉を使ったモチモチのパンは連日売り切れの大人気商品です。
◆スポット詳細は、コチラからご確認ください。

どんぐり工房

>『どんぐり工房』

稲武どんぐり工房は、山里に残された「自然」や受け継がれた「農林業」、 あるいは「食」や「工芸」などの知恵と文化を、体験を通して伝える施設です。
どんぐり工房の建物は、稲武地区大野瀬町に残っていた明治12年建築の民家を移築しました。
◆スポット詳細は、コチラからご確認ください。

 
>> 最新情報満載!『どんぐり通信』(2020年12月号)

  • どんぐり通信
  • どんぐり通信

基本情報

  • お土産・売店
  • 駐車場
  • 飲食店
  • トイレ
  • 温泉
所在地
〒441-2522  豊田市武節町針原22-1
営業日・時間
【どんぐり横丁・どんぐり工房】
 [平日] 9:00~17:00
 [土日祝] 9:00~18:00
【どんぐりの湯】
 [平日] 10:00~21:00(受付20:00まで)
 [土日祝] 9:30~21:00(受付20:00まで)
電話番号
0565-82-3135(どんぐりの里いなぶ・どんぐりの湯)
0565-82-3666(どんぐり横丁)
駐車場
普通車108台/身障者用3台/大型12台/バイク32台
トイレ
定休日
【どんぐり横丁】
4~11月は無休、冬季12~3月は毎週木曜日(祝祭日の場合は翌日)
【どんぐり工房】
毎週木曜日(祝祭日の場合は翌日)、年末年始
【どんぐりの湯】
毎週木曜日(祝祭日の場合は翌日)
公共交通機関でのアクセス方法
【名古屋方面から】
・地下鉄東山線「名古屋」駅から「伏見」駅で地下鉄鶴舞線へ乗換え「赤池」駅で名鉄豊田線へ相互乗り入れで名鉄「豊田市」駅下車。
・名鉄「名古屋」駅から名鉄名古屋本線「知立」駅で乗換え、名鉄「豊田市」駅下車。
・JR「名古屋」駅からJR中央本線「高蔵寺」駅で乗換え、愛知環状鉄道「新豊田」駅下車。

※「豊田市」駅、「新豊田」駅からのアクセスは「のりかえ&運賃検索」をご利用ください。
※豊田市内の公共交通機関「のりかえ&運賃検索」はこちら(外部リンク)>>からご覧ください。
車でのアクセス方法
◎東海環状自動車道「豊田勘八IC」より約45分
関連サイト
どんぐりの里いなぶ 公式サイト

マップ・周辺情報

GoogleMapでここへ行く

周辺情報 一緒に廻れるオススメスポット

こんなスポットもおすすめですRECOMMEND