足助の町並み(重伝建の町並み) | 動画ギャラリー | 【公式】愛知県豊田市の観光サイト「ツーリズムとよた」
  • お気に入り
  • はじめてのとよたび
愛知県においては、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、10月1日(金)から「愛知県厳重警戒措置」が発令されています。
ご自身の健康と、周りの大切な人を守るため、お出かけの際は、基本的な感染防止対策のご協力をお願いいたします。

足助の町並み(重伝建の町並み)
愛知県で初めての国の重要伝統的建造物群保存地区(通称:重伝建)に選定された「足助の町並み」。尾張・三河から信州を結ぶ伊那街道(中馬街道)の重要な中継地にあたり、物資運搬や庶民通行の要所として栄えた商家町です。重要な交易物であった塩はここで詰め替えられ、「足助塩」「足助直し」と呼ばれました。安永4年(1775)の大火で町並みの大部分は焼失。今に残るのは、防火のために漆喰で軒先まで塗り固めた塗籠造りの町家です。江戸時代後期から明治末までの面影を今に伝えています。