ゲハルト・リヒター | 【公式】愛知県豊田市の観光サイト「ツーリズムとよた」
  • いこまいる
  • お気に入り
  • はじめてのとよたび
愛知県では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、8月5日(金)から9月30日(金)まで「BA.5対策強化宣言」を実施しております。
外出の際は、混雑した場所や感染リスクが高い場所は避けて行動する、高齢者等への感染拡大の防止、帰省や旅行等、県をまたぐ移動の際は、基本的な感染防止対策を徹底するとともに、移動先での感染リスクの高い行動は控える等、ご協力をお願いします。
豊田

豊田市美術館 展覧会「ゲルハルト・リヒター」

とよたしびじゅつかん てんらんかい「げるはると・りひたー」

  • 《アブストラクト・ペインティング》 2017年\r\nムード\r\n油彩 写真\r\nモーターボート\r\nモーリッツ

2022年10月15日(土)~2023年1月29日(日)

今日もっとも注目を集める画家ゲルハルト・リヒター。1960年代の<フォト・ペインティング>から初公開となるドローイングなどあわせて約140点による、日本では16年ぶりとなる待望の回顧展です。リヒターが90歳を迎える年に開催される本展は、身近な写真を拡大して描<フォトペインティング>、ガラスや鏡を用いた作品、巨大なカラーチャート、そして抽象絵画など、彼が大切に手元に残してきた作品を中心に、60年にわたる画業を紹介します。なかでも、自国ドイツの第二次世界大戦時の暗部であるアウシュヴィッツの強制収容所でひそかに撮影された写真を出発点にした<ビルケナウ>は、2014年にようやく取り組むことができたと画家が語る集大成的な作品です。
本展は東京国立近代美術館(本年6月-10月開催)との共同企画ですが、豊田市美術館では、東京会場とはまったく違う作品の配置に、豊田会場でのみ展示される作品を加えた構成で、「20世紀後半の最も重要な画家のひとり、そして21世紀の最前線の探究者」リヒターの作品を紹介します。

基本情報
  • 多目的トイレ
  • お土産・売店
  • 駐車場
  • 飲食店
  • トイレ
  • バリアフリー
  • wi-fi
所在地 〒471-0034
豊田市小坂本町8-5-1
料金 ■観覧料
一般:1,600円[1,400円]
高校・大学生:1,000円[800円]
※ 前売りチケット(200円引き)、オンラインチケット(100円引き)があります。
オンラインチケットの申し込みはこちら>>

※ 9/17(土)10:00から販売開始
※ 中学生以下無料
※ 豊田市内在住又は在学の高校生、豊田市内在住の75歳以上、障がい者手帳をお持ちの方(介添者1名)は無料(要証明)
※ その他、観覧料の減免対象者及び割引等については豊田市美術館ウェブサイトを確認してください。
営業日・時間 10:00~17:30(入館は17:00まで)
電話番号 0565-34-6610
駐車場 無料 248台(普通車237台、大型バス7台)
トイレ 有り
定休日 月曜(2023年1月9日は開館)、年末年始(2022年12月28日~2023年1月4日は休館)
開催場所 豊田市美術館
開催時期 2022年10月15日(土)~2023年1月29日(日)
公共交通機関での
アクセス方法
・名鉄豊田線/三河線「豊田市」駅下車。徒歩約15分
・名鉄三河線「上挙母」駅下車。徒歩約20分
・愛知環状鉄道「新豊田」駅下車。徒歩約15分
車でのアクセス方法 ・東名高速道路「豊田IC」より約15分
・東海環状自動車道「豊田松平IC」より約15分
・伊勢湾岸自動車道「豊田東IC」より約20分
関連サイト 豊田市美術館 公式サイト「展覧会 ゲハルト・リヒター」詳細ページ
東京国立近代美術館 公式サイト「ゲハルト・リヒター展」詳細ページ

マップ・周辺情報

GoogleMapでここへ行く

周辺観光情報
周辺のお土産・グルメ情報
周辺の宿泊情報
スマートフォンで
スポット情報を共有する

QRコード

  • いこまいるとよた

旬のおすすめ特集

他の特集も見る

  • コロナ対策宣言!
  • #豊田エール飯 お持ち帰りor宅配OK!お家で楽しめるグルメ特集!
  • 豊田市内の宿泊施設情報
  • ツーリズムとよたの公式LINEに友達登録しよう!
  • ビギナーさんは必見!!はじめてのとよたび
  • とよたのご当地グルメ
  • あなた流のとよたびがカンタンに作れちゃう!MYたびノート
  • いこまいるとよた