もっと本格的なキャンプを経験したい!【中級者編】やまびこキャンプ場 | 【公式】愛知県豊田市の観光サイト「ツーリズムとよた」
  • お気に入り
  • はじめてのとよたび
「愛知県まん延防止等重点措置」は解除となりましたが、「厳重警戒」での感染防止対策に基づき、
混雑した場所や感染リスクの高い場所は避ける、帰省や旅行等、県をまたぐ行動は基本的な感染防止対策を徹底するとともに、
移動先での感染リスクの高い行動は控える等、引き続きご協力をお願いします。

<下山>もっと本格的なキャンプを経験したい!【中級者編】やまびこキャンプ場

掲載日:2022年3月1日(火)



もっと本格的なキャンプを経験したい!【中級編】民宿やまびこ

中心市街地から、車で30分も走ればゆったりとキャンプができる森林エリアが広がる豊田市。キャンプに慣れた中級者の皆さんはもちろん、キャンプデビューの初級者や「これからアウトドアを始めたい!」という初心者の方にもオススメのキャンプ場が盛りだくさん!
今回は、「もっと本格的なキャンプを体験したい!」という中級者の方のために、前回に引き続き、上級BBQインストラクターとして、講師などもされている藤田忠志さんに、やまびこキャンプ場で中級者向けBBQ・キャンプの楽しみ方を教えていただきました。

 
少し慣れてきた人のキャンプ場の選び方

今までは「シャワーやコインランドリーがある」「食材の用意がある」など、利便性重視の旭高原元気村を紹介してきましたが、今回は「もっと本格的なキャンプを!」ということで、まちなかから車で約55分の「やまびこキャンプ場」に来ました!キャンプサイトは三河湖畔の森の中にあり、木の陰からは三河湖も望めます。キャンプに少し慣れてきたら、景観や雰囲気重視でキャンプ場を選ぶのもいいですね!

 
慣れてきたからこそ、注意したいこと

キャンプはそれなりにしてきたので、何となく勝手が分かるようになってきましたが、慣れてきたからこそ、気をつけたほうが良いことってありますか?

★荷物はなるべく少な目に…

キャンプをする時にありがちなのが、持っていったキャンプ道具、BBQ道具を結局使わなかったという事が。「あれもしたいし、これもしたい!」と欲張るのは人の常。結果、荷ほどきや車へ収納する物だけが増えてストレスになる、なんて事になりかねません。
事前に「どんな事をしたいのか?」「どんな料理をしたいのか?」を決めておけば必要最低限の荷物で間に合うはずです。
「あれとコレとこれ!があれば大丈夫」と予めまとめておけば、余裕にもつながります。
また、あれやこれやと買い集めるよりも、先ずは借りて使ってみるというのも選択肢として考えてみては如何でしょうか?今は最新のギアがレンタル可能なキャンプ場もあります。キャンプスタイルが決まるまでは、なるべく荷物は少な目に。上級者になる程、荷物はこぢんまりとしたものになっていきます。

なるほど・・・。確かに「せっかくキャンプするんだからあれも、これも・・・」と荷物を詰めがちですね(笑)実際、車から出しただけで使わなかったり、車の中から出すことすらなかった・・・なんて経験、あります!いきなり物をたくさん買い集めるのではなく(もちろん、これも楽しみの一つですが(笑))レンタル品で使用感を試してから買うのもオススメですね!

もっと本格的なキャンプを経験したい!【中級編】民宿やまびこ

 
準備が整ったら・・・

チェックインして、準備をして・・・といろんなことをしていたらお腹がすいてきました!今回は「中級クラスになったから、おもてなしキャンプ飯を作ってみたい!」そんな要望を藤田さんにお伝えしたところ、簡単だけど映える!中級キャンプ飯をご紹介いただけることに!

 
藤田さん直伝!BBQ中級者向けメニューレシピ

~鮎の炊き込みご飯(2~3人前)~

【材料】
米2合
鮎2匹
水 340cc
薄口醤油 大さじ 3
みりん 小さじ 4
酒 小さじ 4
飯盒

①お米を研ぎ、飯盒に水340ccとお米を入れ、1時間ほど浸す
②鮎を塩焼きにする(表面に焼き色が着くぐらいでOK)
③飯盒に残りの調味料を全て入れ、最後に鮎を入れる
④炭火ゾーンに飯盒を乗せ、フタから水が吹きこぼれたら、炭火ゾーンと何も無いゾーンの間に飯盒を置く(又は弱火)
⑤10~15分ほど置く(蒸らす)
⑥鮎を取り出し、身をほぐしてご飯に混ぜ込んだら出来上がり

ここがポイント!
水が吹きこぼれたら、フタを開けて水分量を目視で確認しましょう。水分が無くお米が見えたら蒸らします。
鮎のワタはお好みで混ぜ合わせてください。

 
タコのガリシア

【材料】
タコ150g
ジャガイモ2個
玉ねぎ 1/2個
塩 小さじ1
オリーブ油 大さじ2
メスティン

①タコをぶつ切りにする
②玉ねぎ、ジャガイモをスライスする(3mm程度)
③メスティンに玉ねぎ、ジャガイモ、タコの順番で入れていく
④オリーブ油、塩を掛けてフタをし、炭火ゾーンで5分程焼く
⑤メスティンから湯気が吹いてきたら出来上がり

ここがポイント!
お好みでパプリカパウダー、バターを入れても美味しいです。

 
ローストビーフ(2人前)

【材料】
牛ランプ肉(又はもも肉)300g
塩、胡椒 適量(ミル挽き)
ローストビーフソース

①肉の全体に塩、胡椒を振り掛け、馴染ませる(ミル挽きであることが望ましい)
②グリルの炭火ゾーンで肉の4面全ての表面を各2分程度焼く
③肉の表面に焼き目が付くまでしっかり焼いたら、グリルから下ろす。
④お肉をアルミホイルに包み5分ほど休ませる
⑤薄くカットして、ソースを掛けて出来上がり

ここがポイント!
お皿に盛り付ける時に、あらかじめクレソンやミックスリーフ、オニオンスライスを敷いておくのもgood!お肉と一緒に召し上がれ!わさび醤油など、お好みのソースを掛けても美味しいです。

 
★BBQよもやま話
『バーベキューはアウトドア料理ではない!』

「バーベキューはアウトドア料理ではない!」と聞いて99.9%の日本人は、「えっ?!」と思う事でしょう。そうなんです。本場アメリカのBBQはアウトドア料理ではなくて、自宅のお庭で友達を招待して行う「パーティー料理」なんです。
だから、アメリカではBBQグリル等は、キャンプ用品コーナーには置いてありません。ではどこの売り場にあるのか?というと、ガーデニングコーナーに置いてあるのです!

『ホストがゲストを招いておもてなしをする。』日本にも同じ様な文化がありますよね?
そう「茶道」です。日本BBQ協会が選定しているバーベ九則(BBQの心構え)は、千利休が茶の湯の心得として弟子に説いた「利休七則」を元に作成されています。
でも、アウトドアと茶の湯は結び付きませんよね?
野点は外で行うお茶会ですが、日本のBBQは外でやる焼肉となります。
ならばキャンプ場でするのであれば、「キャンプ飯」とするのが正しいでしょう。

 
『BBQの定義とは?』

本場アメリカのBBQは、バックリブ(豚の背中の骨付き肉)やプルドポーク(豚肩肉)、ビーフブリスケット(牛肩バラ肉)に代表されるように、大きな肉塊を低温でゆっくり時間をかけてあぶり焼きにする事。と定義されています。
バックリブで4時間、プルドポークで8時間、ビーフブリスケットに至っては、なんと16時間かけて焼きます。(出来上がるまでにお腹すいちゃうと思うんですが…。)

ステーキやローストビーフも正しくは「グリル」と言うジャンルになります。
網の上で焼いたらそれは「グリルする」という事です。
本物のBBQと一言で言っても、とても奥深く、一方で日本人の我々にとっては歴史が浅く、欧米から学ぶべき事が沢山あります。
本格的にBBQを学びたい方は、日本BBQ協会が開催している、「初級BBQ検定」を受けてみても面白いかもしれません。
日本全国でほぼ毎月開催されているので、興味のある方は調べてみてください。
今までのBBQが革新的に変わるかもしれませんよ!

──なるほど・・・。海外の映画やドラマで見るBBQはなんとなく雰囲気が違うなーとは思っていたんですが、パーティーのようにホストがゲストをおもてなしする雰囲気から来ていたんですね!これからも茶道のような「おもてなしの心」を忘れずにBBQを楽しみたいと思います!

もっと本格的なキャンプを経験したい!【中級編】民宿やまびこ

 
終わりに・・・

ある程度キャンプに慣れてきてはいたものの、「キャンプ上級者ほど道具はこぢんまり」や「BBQはおもてなしの心」など、今回たくさんのことを学ぶことができました。みなさんも充実したキャンプ・BBQライフをぜひ豊田市のキャンプ場で体験してみてください!

今回のおさらい~スマートなキャンプにチャレンジ!~

①景観や雰囲気など、自分のスタイルでキャンプ場を選ぶ
食材や備品など、すべて用意されてなくても自分でなんとかできるようになったら、自分のスタイルにあったキャンプ場を選びましょう。利便性重視よりも静かなキャンプ場が多いので自分だけの時間を作るのに最適です。
②荷物は用途を選んでスッキリと
慣れてきたら、自分やキャンプのスタイルに合ったものを選んで用意しましょう。準備だけで半日終わるなんてことがないように!
③おもてなしの心を持つ
キャンプ飯を振る舞うときはおもてなしの心を持つことで、食べる方も作る方もワンランク上の食事ができます。

【今回訪れたキャンプ場】

三河湖を臨むやまびこキャンプ場は、周囲の静けさと綺麗な景色に心が癒されるキャンプ場です。朝夕の美しい三河湖の風景を楽しめるベストなスポット。
全13区画の小さなキャンプ場なので、自分の時間をゆったり楽しみたい方にオススメです。

やまびこキャンプ場
〒444-3206
豊田市羽布町エス小屋1-5
◎民宿やまびこ併設

※ やまびこオートキャンプ場をもっと知りたい方はコチラをチェック!

もっと本格的なキャンプを経験したい!【中級編】民宿やまびこ

 
藤田 忠志 略歴

もっと本格的なキャンプを経験したい!【中級編】民宿やまびこ

2016年4月 初級BBQインストラクター取得
2017年3月 中級BBQインストラクター取得
2017年6月 上級BBQインストラクター取得

現在は
日本BBQ協会公認 奥三河BBQ協会会長
中級MC資格所有(中級検定講師)
SCAジャッジ資格所有(ステーキコンテスト審査員)
上級検定ジャッジ資格所有
お肉博士検定1級
2021年度 SCAビア缶チキンコンテスト 準優勝

私も妻も豊橋市出身。妻とはBBQで知り合う。夫婦揃ってBBQインストラクターです。
4年前に東栄町の山に囲まれた古民家へ移住。家族4人暮らし。
ほぼ毎月BBQしています。コロナ前は年間で1000人のゲストをおもてなししていました。

夢はBBQで三河地方をもっと盛り上げる事。1つにまとめること。本物のBBQを伝える事。地産地消BBQのお店を開く事。
BBQコンテストで優勝する事。

 
こちらの特集もチェック!

松浦 徹士

WRITER | この記事を書いた人

松田 鯉太郎

広島県出身、豊田市在住の花粉症に苦しむアウトドア好きの自称25歳(30代)。 自慢のO脚から繰り出されるフットワークの軽さが特徴。

その他のコラムを読む >

旬のコラム

他のコラムも見る

スマートフォンで
コラム情報を共有する

QRコード

旬のおすすめ特集

他の特集も見る

  • コロナ対策宣言!
  • #豊田エール飯 お持ち帰りor宅配OK!お家で楽しめるグルメ特集!
  • 豊田市内の宿泊施設情報
  • ツーリズムとよたの公式LINEに友達登録しよう!
  • ビギナーさんは必見!!はじめてのとよたび
  • とよたのご当地グルメ
  • あなた流のとよたびがカンタンに作れちゃう!MYたびノート