• 【一般の方】愛知DC特設サイト
  • 【旅行会社様】愛知DC特設サイト

特集

OSUSUME FEATURE

滝特集

とよたの滝特集

自然豊かな豊田市にはフォトジェニックな滝スポットがあります。涼を感じに、新緑の美しさと涼しげな景色を楽しみにぜひお出かけください。


お気に入り

松平

王滝渓谷

おうたきけいこく

清流が流れ、自然を満喫することができるスポットです。とくに夏は、バーベキューに最適。ファミリーやグループで賑わっています。
ふくろうが城展望台や不動山展望台などが設置された5カ所の園地が渓谷内にあり、歩道も整備されて、中之瀬大橋など2つのつり橋、王滝湖にかかる全長90mの王滝湖かけ橋、梅園もあり、四季折々の風景を楽しめます。
巴川の支流・仁王川沿いに位置する王滝渓谷。仁王川は、炮烙山と六所山を源とし、ふたつの山麓と田園地帯をゆっくり流れています。
景勝地である「古美山」に至ると、ここから本流の巴川まで下流1.8kmの距離を148mの落差で一気に急流となって流れ落ちます。その流れが、さまざまな巨岩や奇石をつくり出し、素晴らしい景色が連続する王滝渓谷を生み出しています。県下でも有数の景勝地で「東海の昇仙峡」とも呼ばれています。

王滝渓谷

王滝渓谷

王滝渓谷

お気に入り

下山

保殿の七滝

ほどののななたき

およそ300mに及ぶ渓流の最下流の一の滝から七の滝まで、さまざまな落差を持った滝があります。変化に富んだ滝の流れが織りなす渓谷美は心を静かになごませます。特に秋の紅葉は息をのむ美しさ。
紅葉/11月中旬~12月上旬が見ごろです。

ほでんのななたき

ほでんのななたき

ほでんのななたき

お気に入り

稲武

押川大滝

おしかわおおたき

押川大滝は、稲武地区の景勝地のひとつ。
春は新緑を、秋には美しい紅葉を見せてくれる癒しのスポットです。夏には涼しげな風景をみせてくれ、河原で水遊びもできます。
矢作川の支流である名倉川の全水量が、勢いよく落ち流れる雄大な滝です。豪快な水音とダイナミックな景観を楽しめます。その高さ、約8m。滝つぼのまわりには石の河原が広がり、広くて深い滝つぼに水が流れ落ちる大迫力の風景を見ることができます。
滝の上には「滝見橋」があり、雄大な滝の姿を一望できます。滝の上と下へ通じる歩道があるので、多彩な角度から滝を眺めることができるのも魅力です。滝つぼのすぐ近くまで行くこともできます。
稲武から上矢作町に入る手前にある滝見橋を渡らずに、左右にある駐車場に車を止めると、歩いてすぐに河原にたどり着きます。

押川大滝

押川大滝

押川大滝

お気に入り

藤岡

大沢不動明王と不動の滝

おおさわふどうみょうおうとふどうのたき

木瀬と御作の境を流れる小川の上流に祀られている大沢不動明王。今から数百年前、この地に天災や疫病が流行し、 飢えと苦難に多くの人が死に、大沢の滝壷の脇に不動明王を祀って一心に祈願したところ、 村に平穏な日々が戻ってきたという言い伝えがあります。

大沢不動明王と不動の滝

お気に入り

足助

こもでしの滝

こもでしの滝

ここちよい水音、水面を渡るさわやかな風。
滝は高さ約8メートルくらいです。新緑、紅葉の季節には、美しい風景を楽しみつつ、心と体のリフレッシュができます。
滝の上には文政2年(1819)安置の不動明王が祀られています。

こもでしの滝

お気に入り

足助

不動滝(籠林町)

不動滝(籠林町)

水量は多くありませんが、幅広く落ちる滝の中に不動明王や三十三観音、役行者像が祀られています。
この不動明王は江戸時代から籠林村と隣の川端村の人々によって祀られたものです。現在も毎年、祭りが行われています。

不動滝(籠林町)

お気に入り

豊田

猿投七滝

さなげななたき

矢作川の支流、広沢川にかかる七つの滝の総称。
上流から「血洗いの滝」「二ツ釜滝」「白霧滝」「千鳥滝」「白菊滝」「乙女滝」「広沢大滝」があります。
菊石・猿投七滝遊歩道(861m)からは、5か所巡ることができます。

猿投七滝

猿投七滝

猿投七滝

人気特集ランキング

※ランキングは週次集計、view数は累積値です。

他のランキングも見る

旬のおすすめ特集

他の特集も見る

旬のおすすめコース

他のコースも見る

  • Ha:mo RIDEで豊田市内を観光しよう!
  • 豊田市内の宿泊施設情報
  • ツーリズムとよたの公式LINEに友達登録しよう!
  • ビギナーさんは必見!!はじめてのとよたび
  • とよたのご当地グルメ
  • あなた流のとよたびがカンタンに作れちゃう!MYたびノート
  • 遊ぼう!とよた