特集

OSUSUME FEATURE

色とりどりな♪とよたの春のお花特集

色とりどりな♪とよたの春のお花特集

春の里山、豊田市には、梅や桜だけでなく、様々な花スポットが存在します。黄色く可愛い「ミツマタ」や紫色が美しい「カタクリ群生」など、色彩豊かな豊田の春を楽しもう♪


お気に入り

足助

カタクリ群生

かたくりぐんせい

3月中旬, 3月下旬, 4月上旬

香嵐渓のカタクリの花は、香嵐渓の飯盛山の北西向き斜面の約5000㎡に群生地があります。例年開花は3月中旬頃で、4月上旬まで見られます(その年の気候により早まることもあります)。 カタクリの花は、花が咲くまでに7~8年かかるといわれており、香嵐渓では昔から自生していたものを保護・育成した結果、現在の大きさになりました。3月下旬の暖かい日に一気に開花し、天気の悪い日や、夜には花を閉じてしまいます。ぽかぽか陽気の日には、早春の香嵐渓を散策してみませんか? カタクリの花と同時期にキクザキイチゲも開花します。他にも、ヤマルリソウ、ニチリンソウ、ナバワリ、ヒトリシズカなど春の香嵐渓は、楽しみがいっぱいですよ。

カタクリ群生

お気に入り

小原

ミツマタ

みつまた

豊田市の小原地区は、室町時代から「紙の里」として知られてきたエリア。和紙の魅力に触れられるスポット「和紙のふるさと」には、手つかずの自然が残る山林があります。春になると、和紙の原料となる「ミツマタ」にかわいらしい黄色のボンボンがつきます。「ミツマタ」散策の後は、是非「和紙のふるさと:和紙工芸館」で和紙作りを体験を楽しんで。

見ごろ:3月下旬~4月上旬

ミツマタ

ミツマタ

和紙工芸館

お気に入り

松平

松平郷のミズバショウ

まつだいらごうのみずばしょう

4月上旬, 4月中旬, 4月下旬

春の訪れをつげるミズバショウ。
松平郷園地のトンボ池内では開園時におよそ50株のミズバショウが植栽されており、春頃になると咲きはじめます。他に園地内の氷池にも30株ほどが植栽されています。徳川家のツールといわれている松平氏の発祥の地、松平郷を散歩しながら、春の訪れを感じてください。

松平郷のミズバショウ

松平郷のミズバショウ

松平郷のミズバショウ

人気特集ランキング

※ランキングは週次集計、view数は累積値です。

他のランキングも見る

旬のおすすめ特集

他の特集も見る

旬のおすすめコース

他のコースも見る

  • Ha:mo RIDEで豊田市内を観光しよう!
  • 豊田市内の宿泊施設情報
  • ツーリズムとよたの公式LINEに友達登録しよう!
  • ビギナーさんは必見!!はじめてのとよたび
  • とよたのご当地グルメ
  • あなた流のとよたびがカンタンに作れちゃう!MYたびノート