豊田市民芸館 企画展「河井寬次郎展 -寬次郎の魅力は何ですか-」 | 【公式】愛知県豊田市の観光サイト「ツーリズムとよた」
  • いこまいる
  • お気に入り
  • はじめてのとよたび
豊田

豊田市民芸館開館40周年記念・河井寬次郎記念館開館50周年記念「河井寬次郎展 -寬次郎の魅力は何ですか-」

とよたしみんげいかんかいかん40しゅうねんきねん・かわいかんじろうきねんかんかいかん50しゅうねんきねん かわいかんじろうてん かんじろうのみりょくはなんですか

  • 呉洲陶彫像\r\n三彩鳥天使水注\r\n青瓷鱔血文桃注\r\n碧釉貼文扁壺\r\n三色打薬扁壺\r\n木彫面\r\n辰砂刷毛目扁壺\r\n拓本「此世このまゝ大調和」

2023年12月16日(土) ~ 2024年3月10日(日)

河井寬次郎展 -寬次郎の魅力は何ですか-

日本を代表する陶芸家・河井寬次郎(1890-1966)は、柳宗悦、濱田庄司とともに日用雑器の美へ関心を深め、「民藝」の新語を作り、民藝運動を推進しました。本展では当館開館40周年事業の一環として、開館50周年を迎えた京都の河井寬次郎記念館の所蔵品より、陶芸家・河井寬次郎の創作活動の全貌を紹介します。
河井の陶業は、東洋陶磁に倣った初期作品、民藝運動を牽引する中での実用を意識した中期作品、独創的な造形美へと変化した後期作品に大別され、いずれも技巧性・独創性において高く評価されています。また、陶業のみにおさまらず、その表現は木彫や書、デザイン分野など多岐にわたります。
今回は河井寬次郎の陶業の仕事や、昭和・戦後期に作られた木彫像や木彫面、真鍮のキセル、河井の人間性・精神性を表現した書など、3点の初公開作品もあわせて約200点展観し、多くの人々を惹きつけてやまない「表現者・河井寬次郎」の魅力にアプローチします。
また、関連企画として、美術家の中村裕太(1983-)が、河井の仕事にみられる造形感覚をその暮しぶりからひも解いていく展示を行います。

◆関連企画◆

~記念講演会「祖父・河井寬次郎」~

【日時】2024年1月20日(土)14:00~15:30
【講師】鷺珠江氏(河井寬次郎記念館学芸員)
【会場】第3民芸館
【参加費】無料(ただし会期中の観覧券提示必要)
【定員】先着50名(事前申込み不要)

~「河井寬次郎の器でお茶を楽しむ」~

【日時】2024年1月21日(日) 10:00~11:30/13:30~15:00
【講師】鷺珠江氏(河井寬次郎記念館学芸員)
【会場】茶室 勘桜亭(豊田市民芸館内)
【参加費】2,500円
【定員】各回10名(要事前申込み)
【申込】往復はがき、または豊田市民芸館ホームページの講座申込みフォームで、1月5日(金)までに必着。
    往復はがきの場合は、往信裏面に講座名・参加者名・住所・電話番号を記入。(1枚のはがきで2名までの申込み可)
    お申込みフォームはこちら

~ギャラリートーク(豊田市民芸館学芸員による展示解説)~

【日時】2024年2月17日(土)14:00~(1時間程度)
【参加費】無料(ただし当日の観覧券提示必要)


眼で聴き、耳で視る|中村裕太が手さぐる河井寬次郎

河井寬次郎展の関連企画として、美術家の中村裕太(1983-)が、河井の仕事にみられる造形感覚をその暮しぶりからひも解いていく展示を行います。
河井は日本民藝館の初代館長である柳宗悦と志を同じくし、民藝運動を共に牽引しました。本展では、豊田市第1民芸館が日本民藝館の建物の一部(大広間と館長室)を移築したものであることに着目し、元館長室に河井と柳にまつわる作品や資料などを設えていきます。会期中には、河井寬次郎記念館が所蔵している作品や家具などをもとに中村が制作した造形物に触れるワークショップも開催します。
*本展は、2022年に京都国立近代美術館で「感覚をひらく」事業として開催された鑑賞プログラムを一部再構成するとともに、新たな視点を加えて開催します。

作家紹介|中村裕太
1983年東京生まれ、京都在住。京都精華大学博士後期課程修了。博士(芸術)。京都精華大学芸術学部准教授。
〈民俗と建築にまつわる工芸〉という視点から陶磁器、タイルなどの学術研究と作品制作を行なう。近年の展示に「チョウの軌跡|長谷川三郎のイリュージョン」(京都国立近代美術館、2023年)、「第17回イスタンブール・ビエンナーレ」(バリン・ハン、2022年)、「眼で聴き、耳で視る|中村裕太が手さぐる河井寬次郎」(京都国立近代美術館、2022年)、「万物資生|中村裕太は、資生堂と  を調合する」(資生堂ギャラリー、2022年)、「MAM リサーチ 007:走泥社─現代陶芸のはじまりに」(森美術館、2019年)、「あいちトリエンナーレ」(愛知県美術館、2016年)、「第20回シドニー・ビエンナーレ」(キャリッジワークス、2016年)など。著書に『アウト・オブ・民藝』(共著、誠光社、2019年)。

◆関連事業◆

~トークショー「河井寬次郎に聴き、柳宗悦に視る」~

【日時】2023年12月16日(土)14:00~15:30
【講師】軸原ヨウスケ(デザイナー)・中村裕太(出品作家)
【会場】第3民芸館
【参加費】無料(ただし当日の観覧券提示必要)
【定員】先着40名(事前申込み不要)

~ワークショップ「眼で聴き、耳で視る」~

【日時】(1)2023年12月16日(土)10:30~12:00 
    (2)2024年3月2日(土)14:00~15:30
【講師】中村裕太(出品作家)
【会場】旧館長室(第1民芸館内)
【参加費】無料(ただし会期中の観覧券提示必要)
【定員】各回8名程度(要事前申込み)
【申込】豊田市民芸館ホームページの講座申込みフォームから。
    (1)12月6日(水)、(2)2月21日(水)までにお申込ください。
    お申込みフォームはこちら 

基本情報
  • トイレ
所在地 〒470-0331
愛知県豊田市平戸橋町波岩86-100
料金 一般:500円 高大生:300円
中学生以下と豊田市在住の70歳以上、障がい者は無料(要証明)
※ その他減免については、公式HPをご覧ください。
営業日・時間 9:00~17:00
電話番号 0565-45-4039
駐車場 有り
トイレ 有り
定休日 月曜日・年末年始(12月28日~1月4日)、
ただし祝日(1月8日、2月12日)は開館
開催場所 豊田市民芸館 第1・2民芸館
公共交通機関での
アクセス方法
名鉄三河線「平戸橋」駅下車。徒歩約15分
車でのアクセス方法 ◎東海環状自動車道「豊田勘八IC」より約10分
◎猿投グリーンロード「枝下IC」より約10分
◎東名高速道路「豊田IC」より約30分
関連サイト 豊田市民芸館 公式サイト「河井寬次郎展 -寬次郎の魅力は何ですか-」詳細ページ

マップ・周辺情報

GoogleMapでここへ行く

周辺観光情報
周辺のお土産・グルメ情報
周辺の宿泊情報
スマートフォンで
スポット情報を共有する

QRコード

  • いこまいるとよた

旬のおすすめ特集

他の特集も見る

  • 豊田市内の宿泊施設情報
  • ツーリズムとよたの公式LINEに友達登録しよう!
  • ビギナーさんは必見!!はじめてのとよたび
  • とよたのご当地グルメ
  • あなた流のとよたびがカンタンに作れちゃう!MYたびノート
  • いこまいるとよた