観光スポット

SIGHTSEEING SPOT

  • 挙母神社
豊田

挙母神社

ころもじんじゃ

「挙母祭り」が行われる神社としても有名な挙母神社。江戸時代には「子守大明神」と呼ばれ、今でも初宮まいりや、七五三まいりなど、我が子の健やかな成長を願う人たちが多く参拝しています。自動車産業のお膝元だけあって、交通安全を願う自動車祓いに訪れる人も数多くいます。 境内は広くて大きく、古くから厚い信仰を得ていたことがよくわかります。例祭である挙母まつりになると、神輿殿に美しい神輿が置かれ、拝殿では厳粛な神楽や祈祷、美しい巫女舞が舞われます。
神社の創建については諸説あります。一般的には、1189年源義経の家臣である鈴木重善(善阿弥)が奥州の義経のもとに向かう途中、義経が死んだと聞いてこの地に留まり、その後大和吉野より「子守明神」を勧請して祀ったと言い伝えられています。歴代の挙母藩主が敬い、この地方の庶民崇拝の中心となってきた挙母神社。ぜひ一度、参拝に訪れてみてください。

年間行事

挙母祭り(10月第3日曜とその前日の土曜)

毎年、第3日曜日に本楽祭、その前日の土曜日に試楽祭が行われています。紙吹雪が舞うなか町内を山車が曳きまわるようすや、七度参り、神社への山車の曳きこみなどが見ものとなっています。江戸時代後期から今に伝わる、三河地区における有数のおまつりです。

輪くぐり神事(茅の輪くぐり)(7月)

古式に則った茅の輪くぐりが行われます。茅の輪くぐりは、心身の清浄を祈願する神事。葦で作ったお祓いの具を使ってお祓いし、茅の輪をくぐり抜けることでその年の罪穢れを祓い落とし、一年中無病息災で元気に夏を過ごせるという言い伝えがあります。

基本情報BASIC OUTLINE
所在地 〒471-0023
豊田市挙母町5-1
料金 拝観無料
※ 料金は変更になる可能性がございますので公式サイト等でご確認ください
営業日・時間 拝観終日
電話番号 0565-32-0718
(9:00~14:30)
定休日 無休
公共交通機関での
アクセス方法
【名古屋方面から】
・地下鉄東山線「名古屋」駅から「伏見」駅で地下鉄鶴舞線へ乗換え「赤池」駅で名鉄豊田線へ相互乗り入れで名鉄「豊田市」駅下車、徒歩約10分
・名鉄「名古屋」駅から名鉄名古屋本線「知立」駅で乗換え、名鉄「豊田市」駅下車、徒歩約10分
・JR「名古屋」駅からJR中央本線「高蔵寺」駅で乗換え、愛知環状鉄道「新豊田」駅下車、徒歩約10分
車でのアクセス方法 東名高速道路「豊田IC」から国道155号線、153号線を通って約15分

マップ・周辺情報MAP & AREA INFORMATION

GoogleMapでここへ行く

一緒に回れるスポットを検索

表示スポット一覧

周辺情報
一緒に廻れるオススメスポット
こんなスポットも
おすすめですRECOMMEND
スマートフォンで
スポット情報を共有する

QRコード

人気スポットランキング

※ランキングは週次集計、view数は累積値です。

他のランキングも見る

旬のおすすめ特集

他の特集も見る

  • Ha:mo RIDEで豊田市内を観光しよう!
  • 豊田市内の宿泊施設情報
  • ツーリズムとよたの公式LINEに友達登録しよう!
  • ビギナーさんは必見!!はじめてのとよたび
  • とよたのご当地グルメ
  • あなた流のとよたびがカンタンに作れちゃう!MYたびノート