徳川のルーツ松平さんのおひざ元で開運 秋の松平・下山 御朱印六所(ろくとこ)巡り | 【公式】愛知県豊田市の観光サイト「ツーリズムとよた」
  • お気に入り
  • はじめてのとよたび
ご自身の健康と、周りの大切な人を守るため、お出かけの際は、「警戒領域」に基づく基本的な感染症対策にご協力をお願いいたします。

徳川のルーツ松平氏のおひざ元で開運 秋の御朱印六所めぐり

徳川のルーツ松平さんのおひざ元で開運 秋の松平・下山 御朱印六所(ろくとこ)巡り

徳川のルーツ松平氏の発祥の地「松平郷」では、松平東照宮や高月院など有名ですが、その近くにも松平氏に関係のあるお寺や神社などなど、見どころがたくさん。御朱印以外にも、「写経」で心を整え、「花の天井画」でフォトジェニック、住職の「ありがたい長編のお説教」などなど、お寺や神社で、いろんな体験と感動に出会えます。

また、令和3年11月6日(土)・7日(日)の2日間、「徳川のルーツ松平さんのおひざ元で開運 秋の御朱印六所めぐり」を開催します!地元産のヒノキで一つひとつ丁寧に仕上げた、特製の「御朱印帳」をもって、色づき始めた三河の山々で、マイカーで御朱印を集めながら、ドライブやグルメを堪能してみませんか。


「徳川のルーツ松平さんのおひざ元で開運 秋の御朱印六所めぐり」開催!

<イベント詳細>

【開催日時】令和3年11月6日(土)、7日(日)
【受  付】両日とも松平交流館 8:30~10:30
【参 加 料】一口につき3,500円
※ 参加日に受付にて現金支払
※ 参加料に含まれるもの:御朱印帳1冊(ウッディーラー豊田製作)、六寺社の御朱印
【御朱印帳】参加日の受付時にお渡し
【参加寺社】松平・下山地区の六寺社(高月院、松平東照宮、高徳寺、六所神社、等順寺、妙楽寺)
【御 朱 印】各寺社で両日9:00~15:00
※ 御朱印は、「直書き」のものと「書置き」のものがあり、各寺社で対応が異なります。
※画像の御朱印はイメージです。デザインは変更になる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

※定員に達した場合、予告なく申込を締め切らせていただきますので、あらかじめご了承ください。


徳川のルーツ・松平ゆかりの六寺社を紹介!

~ 徳川のルーツをたどるには見逃せない、「高月院」&「松平東照宮」~

お気に入り

松平

高月院

こうげついん

高月院はもとの名を「寂静寺」ともいい、寛立上人が在原信重(親氏の妻の父親)の援護を受けて1367年に建立したといわれます。高月院になったのは、親氏が1377年に本尊阿弥陀仏をはじめ堂・塔のすべてを寄進してからと伝えられます。

その後、家康から寺領100石が寄進され、明治維新まで時の将軍から厚い保護を受けてきました。

【所在地】
〒444-2202
豊田市松平町寒ケ入44

高月院

高月院

高月院

  • 高月院
  • 高月院
  • 高月院

お気に入り

松平

松平東照宮

まつだいらとうしょうぐう

松平郷にある松平東照宮は、徳川家康と、松平氏の始祖・松平親氏を祀る神社。家康公も産湯として用いたと言われる「産湯の井戸」は不老長寿や安産に御利益があるとされ、御神水として参拝者に授与されています。

また、拝殿そばの「松平郷館」では、具足や軍配、軍扇、鞍や火縄銃、家康像など、松平家・徳川家ゆかりの品が収められています。

【所在地】
〒444-2202
豊田市松平町赤原13
【時間】
10:00~15:00(松平郷館)

松平東照宮

松平東照宮

松平東照宮

  • 松平東照宮
  • 松平東照宮
  • 松平東照宮




~ まだ知られていない!? 松平氏に関係のあるお寺や神社 ~

お気に入り

松平

高徳寺

こうとくじ

当山は「瑠璃光山 恋文院 高徳寺」といいます。
寺伝では、岩津の西林院の僧がこの地に古くからあった薬師堂を基に、正徳2年(1712)に創立。その後、天保15年(1844)、源響が西方200メートルの雪広の地から現在地に移して建立。
本尊は阿弥陀如来を安置し、旧来の薬師如来も別堂に安置しました。
2018年に丸太組にて本堂を新築し、現在は薬師如来も本堂に祀られています。

高徳寺

お気に入り

松平

六所神社(農村舞台)

ろくしょじんじゃ(のうそんぶたい)

松平氏発祥地である三河国三霊山の一つ六所山に鎮座する神社です。
また、六所神社下宮の境内に建てられた木造平屋茅葺の『農村舞台』は、豊田市指定有形民俗文化財に指定されております。舞台の左隣に立っているクスノキとイチョウは、大正天皇の即位記念として植樹されたそうです。
紅葉の時期に見る風景は圧巻の美しさです!

【所在地】
〒444-2201
豊田市坂上町地蔵堂23

六所神社

六所神社

六所神社

お気に入り

下山

等順寺

とうじゅんじ

康永3年(1343)に天台宗の寺院として「清松庵」を開基。その後応仁2年(1468)に本願寺八代門主蓮如上人の御巡化を機に浄土真宗に改宗。寺号を「等順寺」と改称。その後無住となったが、元亀2年(1572)、武田信玄の三河侵略により孫根城(当山より北東方向約2km)が襲撃され落城。城主であった本多定之進忠知は幸い死を免れ出家し、無住であった当山の住職となった。
境内には樹高約25.9mの豊田市指定天然記念物のイチョウがある。

等順寺

お気に入り

松平

妙楽寺

みょうらくじ

室町時代に松平城の離れ古城跡に建ったお寺。標高400mの山頂から三河平野が一望できる。松平長親の内室のお屋敷があった場所でもある。

妙楽寺




~ 豊田産のヒノキが表紙・特製の「御朱印帳」~

WOODEALER御朱印帳

「森と人の距離を近づけるプロジェクト」WOODEALERで製作された木製の御朱印帳。市域のおよそ7割が森林という豊田の思い出にもピッタリです。

人気特集ランキング

※ランキングは週次集計、view数は累積値です。

他のランキングも見る

旬のおすすめ特集

他の特集も見る

旬のおすすめコース

他のコースも見る

  • コロナ対策宣言!
  • #豊田エール飯 お持ち帰りor宅配OK!お家で楽しめるグルメ特集!
  • 豊田市内の宿泊施設情報
  • ツーリズムとよたの公式LINEに友達登録しよう!
  • ビギナーさんは必見!!はじめてのとよたび
  • とよたのご当地グルメ
  • あなた流のとよたびがカンタンに作れちゃう!MYたびノート